HOME

よくテレビで交通事故に限らず様々な事故や事件の加害者の手記が紹介される事が有りますが、
実際に本として出版される事も多く多くの手記が出版され販売されています。

 

加害者的心情に立つと交通事故を起こしてしまった罪悪感と被害者や被害者遺族に対する謝罪を述べている物が多く、
その売り上げは遺族や被害者への賠償に充てられる事が多いです。交通事故示談の仕事をしている弁護士に相談はこちら

 

特に賠償金額が大きい交通事故などは支払いが難しい事が多く、
その弁済の意味と刑務所で加害者が自分を見つめなおし交通事故を起こしてしまった事への反省や、
被害者に対する謝罪の弁を述べた物が殆どでそれを手記にして出版する事で被害者に対する損害賠償の一部として充てる事で
被害者に対する償いの意思表示をしている事が多いです。交通事故の紛争解決には有能な弁護士に依頼するには。

いずれにせよ、事故とは加害側にとっても、被害側にとっても、とても大きなつらい出来事になります。
まして死亡事故などであれば、それは残された者にとって埋めようのないことになります。

せめて自分が加害者にならないように、運転する際は十分心がけたいものです。

 

Copyright(c) koutuujikoAll Rights Reserved.