休業損害

交通事故を引き起こしてしまった場合には、民事上の責任により、被害者に対して金銭の形での償いをすることになります。

その際に支払うのが損害賠償金ですが、その損害賠償金にはいくつかの種類があります。
まずは、治療費です。病院での治療にかかった費用は、全額賠償してもらえることになっています。
交通事故の場合には、むち打ちなど、かなり治療に時間のかかるものもあるので、治療費はかなり加算できます。

 

また、休業損害もあります。これは、けがをしていることによって、職場に出勤できなかった場合に、
その休業している間に得られるはずだった金銭を全額請求することができるというものです。

このように、交通事故の代償は、かなり大きいので、運転中は前方注意を怠らないようにしましょう。

一瞬のスキが、事故を招きます。最近では色々と罰則も厳しくなっていますが、これも当然のことだといえるでしょう。
ながらスマホで命を失う、そんな話もよく聞きます。まして加害者側にならないように。

 

Copyright(c) koutuujikoAll Rights Reserved.