休業補償

交通事故に遭って怪我で働けなくなった場合には、相手方の保険会社より休業補償がなされます。

正確には、休業損害といって、あなたの月額収入を日割りにした額を働けなかった日数で掛けた金額がもらえます。

 

ところで、実際に働いていない人が交通事故に遭った場合も休業損害がもらえるケースがあることをご存知でしょうか。
例えば主婦の場合は、賃金センサスを基準にして家事労働ができなかった期間について休業損害がもらえます。
ただし、賃金センサスで計算してもらえるのは弁護士に依頼した場合だけだと思ったほうが良いでしょう。

保険会社はもっと低い基準で計算した額しか払ってくれません。
ですから、交通事故に遭われたときには、まずは弁護士に相談しましょう。
ちなみに、主婦ではなく主夫の場合も同様に休業損害をもらうことができます。

補償のことを知っているといないとでは、もしもの時に、随分と変わってきます。
まして治療費がかかったり、入院して収入が断たれるとなると、もらうことのできるお金があるのとないのは雲泥の差。
事故に合わないのが一番ですが、もしもの時に覚えておきましょう。