運転中の事故の危険性

電話相談

交通事故

弁護士に相談するというと、損害賠償額を請求する立場の方が
どのようにするべきかというケースが多いですので、車に
轢かれた交通事故の被害者の側から考えてみます。

 

被害者

このケースでは、不法行為に基づく損害賠償請求という
法的構成を行い、事故の事実関係を立証するとともに、
その事実関係に基づく賠償額を提示していくこととなります。

 

しかし、相手が交通事故の事実関係を争うような場合、例えば、歩道が
赤信号となっており車道が青信号となっているにもかかわらず、当該車と
衝突したというような事実を主張してくるような場合には、事実関係を
主張しあって事実を確定させる必要があります。

 

場合によっては、裁判の中で確定させていくこととなるでしょう。

 

また、事実関係をベースにそれぞれの落ち度を考慮した過失相殺の割合に
ついても争いとなることが考えられます。

 

交通事故でこのような争点が出てきた場合には、自分や自分が加入している
保険会社に任せておくと思わぬ損をする可能性があります。

 

電話相談で対応可能な範囲は

 

電話相談このような事態が生じるおそれがある時点で、弁護士に相談
するのが一つの選択といえます。

 

では相談するにしても電話相談でどの程度のことを教えて
もらえるのでしょうか。

 

弁護士事務所によってこの電話相談の範囲は様々というのが現実ですが、
交通事故を専門にしている弁護士事務所であれば、例えば事実関係に
争いが出てきそうな場合には、交通事故の際に警察が行う実況見分調書
などを入手して、相手の主張と矛盾する記載がないか確認してみましょう。


ある程度のアドバイスをしてくれるところもありますし、過失割合についても
過失割合が記載された専門誌のモデルケースと今回の交通事故事案と比較して
どの程度の割合となるか相場観を教えてくれる程度のことはあるかもしれません。

 

しかし、実際に証拠を取り寄せる手続きをしたり、相手方と交渉となってくると
これはもう電話相談では対応ができないと考えておくべきです。

 

ここまで相談するならきちんと弁護士に事件を依頼することとなるでしょう。

 


 

Copyright(c) koutuujikoAll Rights Reserved.